日本の最東端で暮らしています

北海道の暮らし 美しい景色 おいしい食べもの 旅行 ゴルフ などを綴っている写真日記

フェネトレ 昼なのに全員が夜のディナー 中標津町 北海道

f:id:hieastedge:20191121100020j:plain

 2度目のフェネトレ訪問です。前回は夜に訪問しましたが、今回は、昼に行ってきました。

 前回の予約時と同じように、「何日から何日までで、空いてる日で夜のコースを予約したいのですが」と電話しました。残念なことに、全ての日で満席でした。

 「空いているのは、◯日の土曜日の昼のみですが」とのこと。

 

 (ランチだと美味しさを半分しか堪能できないなぁ)

と、すぐに返答できませんでした。

 このとき電話に出られたのは女性の方でした。前回訪問時にサーブのお仕事をされていた奥さん(と思われる)だと、声を聞いてそう思いました。

 

 「ディナーはずーっと満席なのですね。仕方ないですね。では、この◯日の昼にランチでお願いします、、」とランチの予約を入れました 残念無念という感じを出していた私に押されたのか、奥さんは、

 「お昼ですが、夜の料理も用意することはできますが」と優しくおっしゃってくださいました。

 (やったー!)

 「はい、夜の料理でお願いします! 12時30分に伺いますね」と喜んで切りました。

f:id:hieastedge:20191124164836j:plain

 当日、12時過ぎに伺ったところ、私たちよりも先に1組が到着していました。同年代のご夫婦らしきお二人が、3つあるテーブル席の一つに座ったばかりのようです。

 私たちは、カウンターに案内されるものとばかり思っていたのですが、前回夜に訪問した時と同じテーブル席に案内されました。

 予約の電話の時に、最後の1組ではないかなと感じていたので、当然今回は昼のランチでもあるし、カウンターだろうなと思っていたのですが。

 そのカウンターには、今日もカトラリーが置いてありません。

 ひょっとして、このフェネトレは昼も3組しか受けないの?

 残りの一つのテーブルを見てみるとカトラリーが一人分で用意されていました。

 昼も夜と同じスタイルのようです。

f:id:hieastedge:20191124184612j:plain
f:id:hieastedge:20191124184601j:plain
f:id:hieastedge:20191124164559j:plain

  

f:id:hieastedge:20191124184642j:plain
f:id:hieastedge:20191124164617j:plain
f:id:hieastedge:20191124184711j:plain

 

f:id:hieastedge:20191124164659j:plain
f:id:hieastedge:20191124185056j:plain
f:id:hieastedge:20191124164753j:plain

 今回も、今まで食べたことのないお味でした。2番目に出てきたのが、よく和食で頂く小豆かぼちゃの料理と似た感じのスープで、まさにこの小豆かぼちゃの味なのですが、カフェラテのホイップクリームと一緒に頂くと やはり、今まで食べたことのないお味と感じました。

 ただ、この2番目スープは、自分でもこれに似せて作れるかもしれないと思いましたので、まずはフリーズドライの小豆を買って来なくっちゃと思っていたところに、先日、千歳空港でゲットして来ました。(有名な美瑛選果のコーンパンを買うために並んでいた時にたまたま見つけました。フェネトレさんが、これを使ったのかは不明です。)

 この美瑛選果のフリーズドライ小豆でうまく作れるでしょうか?

 うまく作れなかったら、美瑛選果さんのせいにします。

f:id:hieastedge:20191124194635j:plain

 今回も前回と同じく、お一人で来られている方がいました。前回は女性。今回は男性。お2人とも、私と同じく、写メをとってましたが、今回の男性の方はちらりと見ると手帳にメモされているように見えました。前回の女性もそうですが、今回の男性も料理人の方か、記者さんかなと思ってしまいました。

 

 先に料理が始まっているもう一つのテーブルのお二人に続いて、私たちのテーブルに同じ料理が運ばれてきていました。

 上の9つの写真の左下に写っているのは、菊芋をあげた料理です。

 菊芋のお皿が運ばれてくる前、マスターが私たちのためにまた菊芋を揚げているようすが私の席から見えました。。揚げたてを出すのでしょうね。さすがだなぁと思いました。

 

 ふと気づくと、3つ全てのテーブルに、私たちと全く同じ料理が運ばれています。

 (みなさん、夜のコースを頼まれたんだ)

  週末だからでしょうか? 

 フェネトレには、やっぱり、美味しさを心ゆくまで堪能したい方が来られていると感じました。

 

では、また

www.hieastedge.tokyo

www.hieastedge.tokyo

www.hieastedge.tokyo