日本の最東端で暮らしています

北海道の暮らし 美しい風景 おいしい食べもの 旅行 ゴルフ などを綴っている写真日記

「イチローさん」と呼ばなきゃダメですか? ユニフォーム姿なので「イチロー選手」でいいのでは?

この記事をシェアする

f:id:hieastedge:20191215224302p:plain


昨日、イチロー選手(とはもう呼ばれていないのでしょうが)が、アマチュア野球の試合に出場し、ユニフォーム姿や彼のプレーぶりが TV に報道されているニュースを動画でみました。

「へー、あのイチロー選手が、アマチュアとしてピッチャーで出るんだ」と思い、最後までそのニュース動画をみました。

 

ピッチャーで9番。掲示板には「イチロー」とカタカナで書かれていているのが映し出されました。

 

あれっ、アマチュア選手なのに、「イチロー」という本名でない名前で出場していいの?

「イチロー選手だけ特別? 嬉しいけど。」

嬉しさ半分、不思議さ半分、という気持ちになりました。

 

アマチュア選手なのに「イチロー」という名前が映し出された時に、なんか変だな、と不思議に思ったのは私だけでしょうか?

もっとも「鈴木」では、イチローファンとしては、どうもピンと来なくて不満も出てきますよね。

 

メジャーリーグでの試合で、イチロー選手の超人的なプレーに対して、現地アナウンサーや解説者の口から出てくる「イッチッロウー」という叫び声が、私にはまだまだ耳に残っています。

上の動画ニュースをみた時も、イチロー選手のユニフォーム姿が映し出された時は、条件反射のように、「イッチッロウー」という叫び声が頭の中で聞こえてきました。

 

 とはいえ、アマチュア選手も本名でなく、好きな名前を登録して出場してよくなったのでしょうか?

もし、好きな名前で登録して良いのなら、これからは、アマチュア野球界では、イチロー選手のファンの中には、「ジロー」「サブロー」という名前で出てくる人もいるのでしょうね。

 

「野球」といえば、やっぱり「イチロー」なので。

 

イチロー選手が引退されてからはあまりメジャーリーグに関心がなくなったのですが、大谷選手が、昨年でしたか、イチロー選手と同じようなすごい活躍をした場面で、現地アナウンサーが、「オオタニィサン!」と叫んでいたのも耳に残っています。

この「オオタニィサン!」の影響もあってか、上のニュースで、「イチローさん」「イチローさん」と喋っているアナウンサーの声を聞いていると、

「あれ、このニュースは日本語のようだけど、外国のTV局が日本語で放映しているのかな?」と変な感覚に陥りました。

 

また、画面には私の知っているイチロー選手が映っているのに、「イチローさん」と聞き慣れない名前で呼ばれているので、「実はイチロー選手ではなく、ソックリさん?」 とも思ったり、どうも変な感覚に陥ったニュースでした。

 

ニュースをみておられない方、是非みてください。

(このニュース、アナウンサーさん自身が、「どうもいつものようにはアナウンスできないな」と思いながらアナウンスしているようにも感じられ、少し笑えますよ。)

 

別のニュースでは、「イチロー氏」と呼んでいるのも見つけました。

そのニュースでは、イチロー選手が背広姿で映っていたので、「なるほど、イチローシ、なわけね」と納得もしました。

ユニフォーム姿でメディアに出ているイチロー選手を、私も「イチロー氏」とは呼ぶのは変だとは思いますしね。

 

メディアは、引退した選手などには「さん」をつけて呼ぶことになっている、と主人が説明してくれました。「山口百恵も、今は、山口百恵さんとメディアで呼ばれているだろう」と。

 

でも、上に書いたように、「イチロー」の名前でアマチュアの試合に出ることのできる特別なイチロー選手です。

ユニフォーム姿のイチロー選手に対しては、アマチュアで出場していても、メディアでは、「イチロー選手」と呼ぶことで通すのは、ダメですかね。

いちイチローファンとしてそう思ってしまいました。

 

では、また

news.tv-asahi.co.jp

 

www.hieastedge.tokyo

 

www.hieastedge.tokyo