日本の最東端で暮らしています

北海道の暮らし 美しい風景 おいしい食べもの 旅行 ゴルフ などを綴っている写真日記

斎藤一人さんがバシャールの本を読んでいる?

この記事をシェアする

f:id:hieastedge:20191220075945j:plain

 先日、根室市内の本屋さんに行きました。

新年からこの本屋さんの2階にあるフィットネスジムに通うつもりにしているので、最近はこのフィットネスジムを時々覗いています。女性が少ないようなのが気になっているので入会を決めかねています。

 

 この日、1階の本屋さんの新刊本のコーナーで平積み本を眺めていると、ダイエットの本がありました。

なにやら難しいことが書いてあります。しかし、「ダイエット」と書いてあると反応する私はこの本を手に取ろうとしました。

ふと、その左には、大好きな斎藤一人さんの新刊が置いてあることに気づき、ダイエットの本を手に取るのをやめて、斎藤一人さんの本を手にしました。嬉しくなりました。

f:id:hieastedge:20191224182239j:plain

 

私は、斎藤一人さんの本を昔から子供たちに読み聞かせていましたので、この本を今度の冬休みに子供達にも読ませようとも思い、迷わず購入決定。

(私は斎藤一人さんの化粧品などの商品は購入していません。本だけのファンです。)

 

f:id:hieastedge:20191224181109p:plain



 そのとき、ある本の表紙に書いてある「本田健 X バシャール」という文字が目に入りました。

(あのバシャール?)

斎藤一人さんの本のすぐ左下に、その本が置いてありました。斎藤一人さんの本を片手に持ちながら、その「本田健 X バシャール」の本をしばらくジーと眺めていました。

 

f:id:hieastedge:20191224181821j:plain

 

眺めていると、九州の自宅の本棚が目の裏に浮かびました。

主人は30年以上前からのこのバシャールの本を全て(本人がそう言ってました)持っているのです。

バシャールの本が出版される以前からのカセットテープも本棚に並んでいます。

 

バシャールって宇宙人だそうですよ。

宇宙人が人生を説くのですよ。

ちょっと気持ち悪いでしょ。

 

私も中学の頃は、雑誌「ムー」を買ったりして、友達と「超自然現象研究会」なんてものを結成してオカルト少女をやっていましたので、幽霊などは好きなのですが、どうも精神世界やスピリチュアルと呼ばれているものには、今も拒否反応が出ます。

なぜって、精神世界やスピリチュアルに興味がある友人は真面目な人が多く、おちゃらけな私はこれらの人から敬遠され、私としては面白くなかったから。

 

昔の本屋さんには、このバシャールの本は、精神世界というコーナーに置いてあり、いかにも真面目ですという方がこれらの本を眺めていたのをよく見かけました。私は本屋さんのこの精神世界コーナーには近寄らないことにしていました。

こういう方のことを今では、「スピ系」と呼ぶのでしょうか?

 

私は、ただの元オカルト少女ですから、幽霊などは、怖いもの見たさでとっても好きなのですが、生き方を説く宇宙人はちょっとねー、と今でも変わりません。

 

なので、主人がバシャールの事を話そうとすると、昔も今も出来るだけスルーすることにしています。

主人は決して真面目な青年でもなかったし、本棚にはこのバシャールの本以外はエロ本だけという若者でしたから、まあ私も付き合えましたが。

 

「本当にやりたかったことを今すぐはじめよう」と題するこの本は、平積みされていたので、今では宇宙人バシャールにもたくさんのファンがいるのでしょうね。驚きました。

(昔は本屋さんの片隅の精神世界コーナーにあったバシャール本が平積み?)

(世の中みんなが真面目になったの? スピ系と言われる人が増えたの?)

それとも本田健さんという方のファンがたくさんいるのでしょうか。

 

主人が喜ぶかなと思ってこの本を買って帰りました。

レジに出すときに、なんとなく恥ずかしく、思わず周りを見回しました。いい歳して宇宙人の本かよ、て思われないかと気になりましたので。

 

数日後、この本を手にしたまま主人が言います。

「昔も今もバシャールのいうことは変わらないな。」

 

私はふーんとスルーするつもりでしたが、主人が

「斎藤一人さんも同じような事言っているよな。斎藤一人さんもバシャール読んでいるかもしれないぞ」と言います。

(一緒にするな)と思いましたが、サイトウヒトリサンモオナジという言葉に反応した私は、「どこが?」と聞いてしまいました。

 

 「与えるものが受け取るもの」

 

確かに、この言葉、斎藤一人さんの本やテープに、ちょこちょこ出てきます。でも、まさか斎藤一人さんが、宇宙人の本を読んでそれをみんなにお話するかなぁ? ご自分の人生をもとにお話をされているはずだけどな。

 

夕方、九州の友人から電話がありました。この話をすると、斎藤一人さんにもバシャールにもあまり興味のないこの友人は、「私のような普通の人からしたら、サイトウヒトリもバシャールも、どっちも宇宙人よ」ですって。

 

では、また

 

www.hieastedge.tokyo

 

 

www.hieastedge.tokyo

 

 

www.hieastedge.tokyo

 

 

www.hieastedge.tokyo