日本の最東端で暮らしています

北海道の暮らし 美しい風景 おいしい食べもの 旅行 ゴルフ などを綴っている写真日記

アマンカムイにも感謝の2019年 阿寒湖温泉 北海道

この記事をシェアする

f:id:hieastedge:20191128123019j:plain

 

 

f:id:hieastedge:20191128123050j:plain

 

阿寒湖畔にある「湖畔屋」という木彫りのお店で、「アマンカムイ」という木彫り像を購入したのが昨年の夏です。

 

アマンカムイは、「健康と食べ物の神様」だとか。

 

この「湖畔屋」には、2014年に秋篠宮さまも立ち寄られたことがあるそうです。

 

f:id:hieastedge:20191227134731j:plain

 

この像のおかげでしょうか、道東に引っ越してから、健康的となり、美味しいものばかりをいただくことができています。

今年2019年、このアマンカムイの神様にも感謝しています。

 

f:id:hieastedge:20191128123037j:plain

 

 

f:id:hieastedge:20191228060836p:plain

 

本日は、昨年9月の阿寒湖温泉1泊旅行を紹介します。

夜は、湖畔にある、阿寒湖温泉街の1角でアイヌの方々が主催する様々なイベントをやっていました。

私たちは、このアイヌ通りの散策だけにしたのですが、結構楽しめましたよ。

 

f:id:hieastedge:20191227124609p:plain

 

 

翌日はお天気もよく、遊歩道から眺める阿寒湖がとても綺麗でした。

「すがすがしい」という感覚を久々に味わえました。

オススメです。

 

f:id:hieastedge:20191227124644p:plain

 

トリップアドバイザーにも私と同じように、「遊歩道の散歩がオススメ」と書いてある記事がありました。(下にリンクを貼っています)

 

また、トリップアドバイザーで、この阿寒湖温泉を「活気がある」と口コミされている方もいるかと思うと、「すたれている」と口コミされている方もいました。

確かに、私は「活気がある」とは感じませんでしたが、「すたれている」とも感じませんでした。

 

阿寒湖温泉の近くの川湯温泉にも別の機会に泊まりに行きましたが、この川湯温泉は確かに「すたれている」と感じました。

でも、この川湯温泉の硫黄分を含んだお湯は私の大のお気に入りとなっています。来年は子供達を連れて川湯温泉にも行こうと思います。

 

この日、阿寒湖だけでなく、空も綺麗でした。

f:id:hieastedge:20191227124659p:plain



帰りには、屈斜路湖にも寄りました。

砂湯がありましたが、誰も利用しておらず、見学だけにしました。

根室に帰って来てから、「砂湯は気持ちいいのよ。誰もいない時が砂湯はゆっくりできるのに惜しかったわね。」と教わりましたので、次回訪問時には砂湯にトライしてみます。

 

下はその屈斜路湖の写真です。

最下部に砂湯がチラリと映っています。

 

f:id:hieastedge:20191227124927p:plain

 

 

2時間かけて夕方に根室半島まで戻ってくると、タンチョウの親子がいましたので、パチリ。

かわいいですね。

 

この場所からのポスターを、根室市街でよく見かけます。

 

f:id:hieastedge:20191227141237j:plain

 

 

f:id:hieastedge:20191227124415j:plain



今年5月から始めたブログも、おかげさまで6ヶ月続きました。

ご訪問ありがとうございました。

 

来年もどうかよろしくお願い申し上げます。

 

ja.kushiro-lakeakan.com

 

www.tripadvisor.jp

 

www.hieastedge.tokyo

 

www.hieastedge.tokyo