日本の最東端で暮らしています

北海道の暮らし 美しい風景 おいしい食べもの 旅行 ゴルフ などを綴っている写真日記

動物

犬、魚、馬、鹿、野鳥の記事をまとめています

雪が積もらないので寂しい。除雪せずにすむのは嬉しいのですが。 根室半島 北海道 

上の写真は昨シーズンのものです。 1月13日になりましたが、今シーズンはまだまだ雪が積もりません。 北海道全域で雪が少ないそうです。 1ヶ月前に下の記事を書きました。⬇︎ 予想が外れ、記事を書いた2日後には雪が溶けてなくなりました。 www.hieastedge.t…

サンマは根室の「一本立ち 歯舞さんま」 根室市 北海道

根室の特産品といえば、「花咲蟹」と、この「秋刀魚(サンマ)」です。 そろそろ秋刀魚も脂の乗りが落ちてきている時期になりました。 九州では、「秋刀魚の脂の乗り」をはっきり感じることはなかった私です。「活きのいい秋刀魚だよ」とお魚屋さんで薦められ…

北海道犬は 時速60kmで走る! 「味道広路(あじどころ)」 夕張郡栗山町

2度目の「味道広路(あじどころ)」訪問です。 今回は昼に訪問しました。 この日東京での用事があり、千歳空港に向かう途中にここへ寄りました。 ここ「味道広路(あじどころ)」までは、我が家から車で6時間かかります。 根室中標津空港から飛行機に乗ら…

飼い主に朗報!? 「犬の飼い主は心血管リスクが低い」(Medical Tribune No.19 vol.52 2019年10月3日号)

台風のため家の中で大人しくしていないといけなかったので、家の片付けをしていました。主人の机の上を片付けていたら、新聞のような雑誌が広げてあり、その中の記事に目が止まりました。 それがタイトルにも示した上の写真記事です。 「お、これの解説記事…

走行中にエゾ鹿がぶつかってきた!  まさか本当にシカと交通事故を起こすなんて、、。 道東 北海道

幸い車の損傷は少しで、けが人もなくすみましたが。 道東に住むようになってシカをあちらこちらで見かける毎日です。地元の人からは、「シカが飛び出してくるので、明け方夕方は70km以上で走らない方がいいよ」と忠告されていました。 シカがぶつかってき…

養老牛温泉「湯宿 だいいち」 シマリスがきます

旅館で餌付けしているのでしょう。しばらく眺めていると癒された気分になりました。 ひまわりのタネで口の中を一杯にしているところが可愛い! これが人間だと、そうは見えませんよね。 では、また www.hieastedge.tokyo

根室半島には、牧場もあちらこちらにあります。 北海道

この牧場はは、我が家から車で3分。 根室半島は、海と牧場とが隣り合わせの半島です。 では、また www.hieastedge.tokyo www.hieastedge.tokyo

(続)1番ホール、右OBは厳禁! その理由  根室ゴルフクラブ 北海道

カラスがあなたの打ったOBボールを持ち去り、交通事故を起こしかねない、と前回お話ししました。その続きです。 ボールが卵ではなかったとわかったカラスは、OBを打ったあなたにからかわれたと勘違いして怒ります。 あなたに仕返ししようと、あなたを頭上か…

1番ホール、右OBは厳禁! その理由  根室ゴルフクラブ 北海道

ボールを卵と勘違いしたカラスが飛んで来て、あなたのボールを持ち去ってしまうからなのですが、ここまではよく目にする光景ですね。 ありがたいことに、この根室ゴルフクラブには木も生えておらず、こじんまりとしているので、先日その後のカラスの行動がわ…

馬が本当にやってきた! 北海道

というのは冗談です。 お気に入りのパン屋さん「こなのみ」のお馬さんでした。 浜中町にあるお店です。すぐに売り切れますので、予約して行かれた方がいいです。 では、また www.hieastedge.tokyo www.hieastedge.tokyo

「すぐ怒るやつは馬鹿だ この言葉を世界に広げよう」 斎藤一人 

斎藤一人さんの言葉。喫茶店 my wing に置いてある箱から引いた1枚です。 私は馬鹿かな? 昨日は家の前に「鹿」もやってきたし。そのうち「馬」が我が家にやってきそう。 では、また www.hieastedge.tokyo www.hieastedge.tokyo

野良犬ではなく、鹿がうろついています  根室半島 北海道

今日もやってきました。 我が家の前でパチリ。 この雄ジカは大型犬の2倍ほどの大きさでした。根室半島の市街地ではよく見る「エゾシカ」。人間が近づいたら逃げます。 奈良公園の鹿とは違いますね。 では、また www.hieastedge.tokyo www.hieastedge.tokyo

助かりますように!〜「漁は命がけ」と聞いてはいましたが、

夕方になって知りました(我が家は新聞をとっていません。テレビも観ません。) 本日昼までは呑気な気分でした。当分の間、お魚のお話は載せないようにします。8人の無事を皆さんにも祈っていただければ、、、。

缶ビールではない「秋味」3本 根室半島 北海道

この時期に獲れる「鮭」を「あきあじ」というのだそうです。この日沖で獲れたばっかりのを漁師さんが港から持ってきてくださいました。 ありがたいことに魚屋さんでお魚を買わずにすんでいます。 1本はメスです。 どれがメスか、わかりますか? では、また …

この姿勢で丹頂を撮影しているところですが、何か?  根室半島 北海道

丹頂が1羽 いました。根室では、丹頂は珍しくはありません。 また、写真を撮っている観光客の姿も珍しくはありません。 主人が、「そんな姿勢で写真をとる人間は、、、珍しいな。恥ずかしくないのか?」 と言いました。(もっと何か言いたそうでしたが) 私こ…

近所の馬牧場のアイドル「ブチ馬ちゃん」 大きな馬なので少し怖かった  根室半島 北海道

昨日書いた記事の牧場にいました。 このブチ馬ちゃん(と勝手に名前をつけましたが)、本当は可愛い名前でしたが、その名前をどうしても思い出せません。 22歳だそうです。 人懐っこくて優しい顔をしていたので、紹介します。 可愛いですね。でも大きいので…

夕方の馬牧場は癒されますよ ニオイもしませんし おすすめ  根室半島 北海道

野菜をいただきにお邪魔したつ牧場です。 ついでに、牧場の中も見学させてもらいました。 日暮れまで牧場にいました。数頭の馬がいました。牧場というより、草原の中に馬がいるようでした。 草原のいい香りが印象的でした。 「馬牧場からは、においが出ない…

愛犬をシャンプーしました 根室半島独特の黒い土がついています 北海道

久しぶりに、我が家の愛犬をシャンプーしました。疲れました。 いい写真だったので、載せました。 でも、土汚れがひどいのが一目瞭然ですね(笑)。 根室半島の土は黒くて粘土質がほとんどです。 7月21日 では、また www.hieastedge.tokyo

霧の日の早朝は何にも見えず カモメの鳴き声しか聞こえません 根室半島 北海道

朝の6時30分頃の写真です。 霧がかかると近くの漁港は、こんな感じになります。この霧の中、カモメがくつろいでいました。 カモメの鳴き声しか聴こえてきません。 幻想的でした。 7月13日 では、また www.hieastedge.tokyo

鹿の群に遭遇 鹿の鳴き声をききました  根室半島 北海道

根室半島をドライブ中に、車から降りて近づこうとした時の写真です。 この後、「ケン!」というような甲高い鳴き声 (?) がしたと同時に、鹿たちは一斉に白いお尻をこちらに向けて、向こうの森の中に走り去りました。 鹿って「ケン」と鳴く(吠える?)ので…

カモメの旋回を海面近くで眺めることができました。私を狙っていたようでもありましたが。 根室半島 北海道

きょうも、カモメがやってきました 天気の良い日には、海を見に行きます。 海には、カモメがたくさんいます。 車を降りて、海岸までいくと、きまってカモメがやってきて、頭上を旋回します。 エサをもらえると期待してでしょうか? それとも、私のことをエサ…

天気のいい日は、カモメをみているだけで心がなごみます  根室半島 北海道

なごみました カモメを見ているだけで 天気がいい日の写真です。 カモメをみているだけで、なぜか、なごみます。 海も穏やかでしたし。 では、また www.hieastedge.tokyo

道東のホルスタイン 阿蘇の赤牛と似ています 根室半島 北海道

阿蘇の赤牛ではなく、ホルスタインです。 昨日、熊本の赤牛の写真をとりあげました。 今日は、根室半島にある牧場(海がみえる牧場です)にいた赤牛(?)を載せました。 熊本の赤牛とは違って、ホルスタイン種だそうです。牛さんも、いろいろなのですね。 …

ダニに咬まれました 北海道ではよくあることと聞きましたが 根室半島 北海道

ダニに咬まれました 愛犬たちと日課でもある散歩から帰ってきたあとの出来事でした。 家にはいると、右の目尻がかゆくなり、ぽりぽりしましたが、マスカラが固まったのがしっかりくっついているか、何回ぽりぽりしてもとれません。鏡で見たら、焦げ茶色のも…

阿寒カントリークラブは鹿の庭でした 好きになりすよ 道東 北海道

鹿がいる!それも沢山。至る所に。 そして、逃げない! 目があった鹿は、「シャンクして、ボールを当てたりしないでね」と話しかけているようでした。余計にシャンクがでそう! グリーン横にもいたので、フォーパットもしました。 でもゴルフコースは好きに…

生きている花咲蟹 いただきました 動きます!  根室半島 北海道

生きている花咲蟹 花咲蟹をくださった漁師さんから、 「小さいので、身があまり入っていないので、鉄砲汁にして食べて」 と言われ、台所で新聞紙を開きました。 動きます! どうしよう? でも、生きているうちに茹でないと美味しくないそうです。 では、また…